工事現場の騒音軽減や粉塵の飛散防止を目的として設置される仮囲い(壁)ですが、
広大な敷地を取り囲む無地の白い壁は中で何を建設中なのかも分かりづらく周辺住人や歩行者にも威圧感を与えてしまいます。
また、歴史のある景観地区などでは周囲の景観にそぐわないなどの問題が発生する場合もあります。

建設現場を大きく囲い込む殺風景な壁も、
ラッピングにより大きな広告スペースとして有効に活用する事ができ、
色調の調整で周囲の景観とも上手く調和させる事ができます。

また建設予定の建物の外観などをラッピングする事は、
周辺住人に工事の内容や目的を周知させ安心してもらう効果もあります。