工事現場の敷地を取り囲むように設置された白い壁は、工事現場で発生する騒音軽減や粉塵の飛散防止、大型重機の使用に伴う安全性の確保を目的として設置されており、仮囲い、万能板安、全鋼板などと呼ばれています。

仮囲いは、そのまま設置すると無機質な白い壁ですが、ここにグラフィックフィルム(出力シート)をラッピングする事で、広告スペースとして有効に活用する事ができます。

一般的には建設中の建物の告知に使用される事が多いですが、他の広告用途で使用する事も可能です。
また、歴史のある街や観光地では、街の景観に合わせた写真やアートを掲示したり、フルラッピングによるカラーリングの変更をする事もあります。

仮囲いの広告は地域によって掲出可能な面積や内容が異なりますので、基本的には地方行政機関への申請が必要となります。

仮囲いをラッピングするメリット

無地の白い壁で囲まれた建設現場は、中の状況が全く分からない為、周辺住人や歩行者に威圧感を与えてしまいます。
この仮囲いにグラフィックフィルムを使ったラッピングを施す事で、周辺住民や歩行者とのコミュニケーションを図る事ができます。

仮囲いに建設予定の建物をラッピングして周辺住民とのコミュニケーションを図る

巨大な壁で囲まれた建設現場は、中の状態が分からない為、周辺住民に不安感を与えかねません。
仮囲いに建築予定の建物の外観をラッピングすることで、中で何を建設中なのかを周囲に知らせる事ができます。
また建設会社の名前をしっかりと掲示する事は安心感にも繋がります。

仮囲いに看板をラッピングして広告スペースとして活用する

仮囲いの広大な壁面は、ラッピングによって広告スペースとして有効に活用する事ができます。
建設中の建物の宣伝はもちろんの事、他の物件や商品・イベントなどを宣伝する事も可能です。

マンションの建設現場では、完成予定の建物の告知や、マンションギャラリー(販売センター)への誘導、チラシボックスの設置によるチラシの配布などを行う事で、販売に繋がる積極的なコミュニケーションを取ることもできます。

仮囲いにアートや写真をラッピングして周辺の景観と調和させる

歴史のある景観地区などでは、建築中の建物を加工用に白く聳え立つ仮囲いが、周囲の景観にそぐわないなどの問題が発生する場合もあります。
その場合は、アートや写真、模様などをラッピングする事で、周囲の景観と上手く調和させる事ができます。

仮囲いの全面ラッピング | 施工事例

仮囲いをラッピングする方法

仮囲いをラッピングするには主に屋外用のグラフィックフィルム(出力シート)を使用します。
この屋外用のグラフィックフィルムにインクジェットプリンターで出力し、更に防水性の高いラミネート加工を施したうえでラッピングしていきます。

ポリエステルフィルムでできたラミネートには高い防水性能、耐擦過性能(傷の付きづらさ)、耐紫外線性能があります。
グラフィックフィルムの印刷面をラミネートでカバーする事で、耐久性を大きく向上させ色落ちや傷を防止する事ができます。
また、ラミネートには紫外線を抑えるUVカット加工が施されている為、日光による退色を軽減する事ができます。

ご予算や目的に合わせた最適な看板を無料でご提案をさせていただきます。

アクト企画では、お客様のもとのお伺いしての打ち合わせや現地調査、最適な看板のご提案、お見積りまでを無料で行っております。

仮囲いのラッピングに必要な地方行政機関への煩雑な申請業務も代行させていただきます。

  • 仮囲いをラッピングしたい
  • 屋外にラミネート加工で防水処理したポスターを貼りたい
  • ガラス面や壁面を大きなアートで彩りたい!!

看板や内装の事で迷ったらアクト企画までお気軽にご相談ください。