飲食店の新規出店に伴うイメージキャラクターのガラス面への施工をご依頼いただきました。
今回は透明なガラス面にキャラクターだけを表現したいとのご要望がありましたので、透明フィルム(透明PET)を使用しました。

キャラクターの表現に使用される事が多い透明PET(透明フィルム)

PETとはポリエチレンテレフタレートの略でプラスチックの一種です。
透過性が高く、耐熱(耐寒)性や耐水性も高い事からサイン以外にも様々な用途で使用されています。
ペットボトルの原材料と言えばわかりやすいかもしれません。

今回は、このPET素材を印刷用のメディアとしても使用できるようにフィルム状に加工したものを使用しています。
フィルム状にする事で紙や塩ビシートのように印刷ができるので、カッティングシートでは難しいキャラクターなどの複雑な表現も可能となります。

透明PET(透明フィルム)を使用するメリット

透明PETは元々のプラスチックとしての特性として屋外でも使用可能な高い耐水性を備えています。

屋外用で使用可能なメディアとしてはカッティングシートや塩ビシート(出力フィルム)があります。
しかしながらカッティングシートでは使える色の数が限られている為、キャラクターやイラストのような複雑な表現はできません。
また塩ビシートにも透明のメディアがあるのですが、PETほどの高い透過性はありませんので、どうしても元のガラス部分とメディアを貼った部分との境目が目立ってしまいます。
今回施工したキャラクターも周りに透明の枠が付いているのですが、ペットボトルに使用されるほ透過性の高いPETフィルムを使用しているので、ほとんど目立ちません。

また、透明PETは裏面に白いインクを印刷する事で、透けないように表現する事も可能です。
その他、白インクを使用して会社や店舗のロゴを入れたり、ガラス面の透過性を維持したまま複雑な模様を表現したりする事も可能です。

施工事例 : 配信スナック様
JR高田馬場駅早稲田口改札から徒歩5分。アイドルさんから偉人文化人日替わり登場。座席数9名程度なので初見さんもすぐに仲良しに!お気軽にお立ち寄りください。
公式twitter

ご予算や目的に合わせた最適な看板を無料でご提案をさせていただきます。

アクト企画では、お客様のもとのお伺いしての打ち合わせや現地調査、最適な看板のご提案、お見積りまでを無料で行っております。

  • お客さんを増やしたいけれど、どんな看板を付けたらいいのか分からない。
  • 今付いている看板が壊れてしまった。
  • デザインが古臭くなってしまったので板面だけを差し替えたい。

看板の事で迷ったらアクト企画までお気軽にご相談ください。