ACT企画には、木材、アクリル、プラスチック、フィルム、革、紙、布、フェルト、金属、ガラスなど様々な素材を加工する事ができる高精度のレーザー加工機があります。
レーザー加工機を用いれば手作業では加工が難しいアクリルなどの硬質な素材でも複雑な形に切り抜く事ができます。
またレーザー光の熱を利用したレザー刻印やアクリル彫刻もお手の物です。

レザーやアクリルもカットできるレーザー加工機

レーザー加工機は、レーザー光を小さな一点に集中させる事によって高い熱を発生させ素材を溶かし切断しています。

小学生の頃の科学の実験で、黒い紙に虫眼鏡で太陽の光を集めて穴をあける実験をした記憶があるかと思いますが、レーザー加工機は、この原理を用いています。
太陽光の代わりに、レーザー光を発生させ、それをレンズを通し小さな点に集約させる事で高い熱を発生させています。

この小さな点は電子制御され、様々な素材を、熟練の外科医が使う医療用のメスのように最小限の幅で鋭く精密にカットしていきます。

レーザー加工機でできるレーザー刻印|焼印とレーザー刻印の違いとは

手作業で焼印を入れる為には、まずルーターなどを使用して金属製の焼きごてを作成するところから始める必要があります。
しかも一つの焼きごてでは一つの刻印しかできないので、複数の絵柄を焼印しようと思ったら、その数だけの焼きごてを作成する必要があります。

レーザー加工機の光は、深さも正確にコントロールする事が可能です。
素材に合わせて深さを設定するだけで、図面通りに精密に焼印(レーザー彫刻といいます)していきます。
焼きごてを使って手作業で焼印をする場合は、手ブレによるズレや焼きムラが発生する恐れがありますが、電子制御されたレーザー彫刻であれば、その心配は無用です。
絵柄によって複数の焼きごてを用意する必要もありません。

レーザー加工機でカットできる素材

レーザー加工機は、レザー、アクリルやプラスチックなどの合成樹脂、天然の木やMDFボードなどの木材、布やフェルトなどのファブリックもカットする事ができます。
更にガラスや金属、石材への彫刻も可能です。

アクト企画のレーザー加工機でカットできる素材

分類 素材 彫刻 切断 サイズ(厚み)目安 製品例
合成樹脂 アクリル板 切断 10mmまで 名札、カット文字、看板 など
プラ板(ポリスチレン) 切断 5mmまで 模型、キーホルダー など
ポリアセタール 切断 5mmまで 模型、キーホルダー など
ABS樹脂 切断 3mmまで 模型、キーホルダー など
発泡ポリエチレン 切断 10mmまで 模型、雑貨 など
ケント紙 模型、切り絵 など
画用紙 模型、切り絵 など
天然木材 桐 / 杉 / 桜 / 檜 切断 5mmまで 工芸品、贈答品 など
チーク / メープル 切断 5mmまで 工芸品、贈答品 など
黒檀 / マホガニー 切断 3mmまで 工芸品、贈答品 など
成型木材 MDFボード 切断 5mmまで 模型、雑貨 など
ベニヤ板 切断 4mmまで 模型、雑貨 など
コルク コースター、キーホルダー など
ゴム ラバーシート 切断 0.5mmまで ゴム印、スタンプ など
木綿 洋服加工、名入れ など
ポリエステル 洋服加工、名入れ など
デニム 洋服加工、名入れ など
フェルト 切断 5mmまで 模型、雑貨 など
皮革 本革 切断 3mmまで 雑貨、キーホルダー など
ヌメ革 切断 3mmまで 雑貨、キーホルダー など
ガラス 一般ガラス 記念品、表札 など
耐熱ガラス 記念品、表札 など
金属 アルミ
 要アルマイト加工
看板、表札、銘板 など
ステンレス
 要マーキング剤塗布
看板、表札、銘板 など
石材 人造大理石 記念品、表札 など
パワーストーン
(オニキスなど)
アクセサリー など
真珠貝 彫刻 1mm以上
※割れる可能性あり
工芸品、贈答品 など
 上記の素材一覧は一般加工例です。それ以外にも様々な素材に対応できます。
 レーザー切断可能な厚みや彫刻の深さは、レーザー出力と素材の種類によって異なります。また、素材により熱による変形や変色が起こります。
 レーザー発振器が消耗しパワーが落ちた際には、上記に掲載したサイズ目安を切断できない場合があります。(特に、アクリル 10mm)
 PVC(ポリ塩化ビニル樹脂)素材の加工は、塩化水素ガスの発生により各種重要部品を腐食させ寿命を著しく低下させるため、絶対に加工をしないで下さい。
 一般的な金属素材(鉄、ステンレス、アルミ、メッキ、金、銀、銅他)は直接加工できません。アルマイト被膜の彫刻やマーキング剤の焼付け固着など一部加工可能なものもあります

引用元: HAJIME

レーザー加工機で作れるもの | レーザー加工機の使用例

レーザー加工機は、上記ような切断や彫刻機能により様々なものを作り出す事ができます。
使用方法は作りての想像力に合わせて無限に広がっていきます。

レーザー加工機の使用例

レザーカット(レザー彫刻)を使用したレザーグッズ

アクリルカット(アクリル彫刻)を使用したアクリル製の切文字(カルプ)とキーホルダー

その他

  • 表札やネームプレート(アクリル・木・ガラス)
  • オリジナル刻印の入ったレザーシューズ
  • ガラス彫刻を施したオリジナルの皿
  • オリジナルスタンプ
  • etc……

レーザー加工機の使用方法につきましてはこちらの記事もご覧下さい

ご予算や目的に合わせた最適な看板を無料でご提案をさせていただきます。

アクト企画では、お客様のもとのお伺いしての打ち合わせや現地調査、最適な看板のご提案、お見積りまでを無料で行っております。

  • オリジナルの刻印を入れたレザーグッズを作りたい
  • アクリル彫刻でショップのPOPやノベルティグッズを作りたい
  • 看板や表札を立体的な切文字で作りたい

看板や内装の事で迷ったらアクト企画までお気軽にご相談ください。