新型コロナウィルスの感染拡大を受けての政府による緊急事態宣言。
飲食店のみならず多数の業種が営業自粛を余儀なくされています。

新型コロナウィルスのワクチンや治療薬の開発には今後数年を要するとも言われており、
ウィルスとの戦いは長期戦の様相を呈しています。

このような状況下で店舗やオフィスの営業を再開するにあたっては、お客様の安全性の確保するためにも、心理的な不安を軽減させるためにも、感染症対策が必須となっています。

こちらの記事ではお客様の心理的な不安を軽減させる新型コロナウィルス感染症の予防対策や予防グッズをご紹介します。

フェイスガード

新型コロナウィルスは咳やくしゃみによって放出される飛沫によって感染します。
飛沫感染を防止するためにマスクの着用が推奨されていますが、ウィルスの粒子は細かいためマスクだけでは防ぎきれないと言われています。
フェイスガードをマスクとセットで装着することにより飛沫感染の可能性を更に軽減させる効果が期待できます。

フェイスガード

飛沫感染防止パーテーション 飛沫感染ガード

スタッフとお客様との間に設置する飛沫感染ガードは、テーブルの上で自立する自立パーテーションタイプと、天井から垂らすビニールカーテンタイプをご用意しております。
お客様の心理的な不安を解消すると共にスタッフの安全対策としてもおすすめしています。

アクト企画では設置場所に合わせた飛沫感染防止パーテーションのオーダーメードも承ります。
既製品にはない高級感のあるフルアクリルで製作したタイプや温かみのある木製フレームタイプもご用意しております。

飛沫感染防止パーテーション(飛沫ガード)
飛沫感染を防止するビニールカーテン(ビニールシート)

飛沫感染防止パーテーションについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

消毒

お客様をお迎えするにあたって必須となる出入り口での除菌作業。
サイン付きのアルコールスタンドで、無人でのご案内ができます。

消毒用のアルコールスタンド

ソーシャルディスタンスをお願いするフロアサイン

感染症対策には3密と言われるような人の密集する状況をできるだけ作らない事が重要と言われています。

ソーシャルディスタンス(守るべき人と人との距離)は最低でも1mできれば2m以上が必要とされていますが、ルールを決めずにお客様の感覚にまかせてしまうと思わぬトラブルや混乱を招きかねません。
お客様にソーシャルディスタンスをお願いするための施策としてフロアサイン(床面の案内シール)は有効です。

アクト企画のフロアサインはバリアフリー新法に適合するCSR値0.68以上のメディアを採用、靴を履いた状態で乗っても滑りにくい仕様となります。
また、裏面は特殊なドットのり加工を施してあるので、フロアサインが不要になった場合には、キレイにはがず事ができます。

案内シールは既成のデザインをご用意しております。
お好きな文字や写真を入れたオリジナルデザインでの製作もうけたまわります。

フロア誘導シールについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

レジに並ぶ人の間隔を調整するフロアサイン
使用不可能なシートにシールを貼って人と人との距離を適切に保つ施策

高ウィルス + 抗菌 高機能インクジェット壁紙

アクト企画で取り扱う高機能インクジェット壁紙は一般的な抗菌機能にプラスして抗ウィルス機能を併せ持っています。

ウィルス機能は官公庁などの指定検査機関であるカケンセンターで試験済。
検査では、感染力の高いインフルエンザウィルルスやネコカリシウィルス(ノロウィルスの代替ウィルス)の感染力を大幅に減少させました。

※新型コロナウィルスに関しては2020年5月現在検査不可

高機能インクジェット壁紙について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ポスターやのぼりによる安全対策の周知

せっかく感染症対策への取り組みをしても、お客様に知ってもらわなければ意味がありません。
ポスターやのぼりによって、お客様に安全対策への取り組みを周知しましょう。

アクト企画ではオリジナルデザインのポスターやのぼりの制作もうけたまわります。
デザインからの製作もいたします。

店舗の感染症対策でお悩みでしたらアクト企画までご相談ください。