屋内外を問わずに気軽に設置できるスタンド看板
お店や施設の入り口に気軽に設置でき、歩行者と同じ目線で視認性も高いことから街で最もスタンダードな看板とも言えます。

スタンド看板のメリット

スタンド看板のメリットは設置工事が不要で、今から店舗を始める方でも気軽に導入できるところです。
また、比較的軽量なものが多く、移動が容易な事も人気の理由になっています。

スタンド看板の板面は、入れ替えや貼り替えが可能なものがあり容易に情報の更新が可能です。
おすすめメニューを日替わりで提案している飲食店では板面が黒板になっていてチョークで手書きできる看板も人気です。
手書きタイプには他にもマーカーで書き込めるホワイトボードタイプもあります。

スタンド看板のデメリットとしては台風による強風などの悪天候時には撤去する必要があることです。
風に関しては専用の重りなどを使用する事によりある程度は対応できますが、はやり台風などの強風時には安全の為に撤去が必要となります。

地面に直接埋め込む自立看板であれば、強風や豪雨時にも耐える事ができますが、設置に工事が必要となります。
また、自立看板は設置後の移動ができません。

スタンド看板の種類と特徴

ひとことでスタンド看板と言っても、折りたたみ可能なものや、照明機能を内蔵した電飾看板など、その種類は多岐に渡ります。
その中でも街で多く見かける代表的なスタンド看板の種類と特徴は以下のようなものです。

A型看板

A型看板は最もスタンダードなスタンド看板です。
裏表二枚の板面が寄り添い合っている姿が、側面から見るとA型に見えることが名前の由来となっています。

基本的には折りたたみが可能なものが多く、不要な時はコンパクトに折りたたんで保管しておくことができます。

A型看板には、木製オーダーメード看板、板面が黒板になった手書きのメニュー看板、ポスターを差し込んでアクリルのカバーをしたタイプなど、様々な種類が存在します。

アクト企画では板面にデジタルインクジェットプリンターの出力シートを貼ったタイプをおすすめする事が多いです。
上記のポスターを差し込むタイプは内容の更新が容易な事がメリットですが、反面、屋外に置いた場合に湿度の影響を受けてシワになるなど劣化が早いことがデメリットとして存在します。

対して硬度の高い板面に出力シートを直接貼るタイプであれば、湿気にも強くシワになりにくくなります。
出力シートは上から重ねて貼る事もできますので、情報の更新も可能です。

電飾看板

電飾看板は照明を内蔵して板面を発光させることができます。

夜間や暗所での視認性を高める事ができますので、夜間も営業する店舗や施設で多く使われています。
防水機能付いているものは屋外でも使用可能です。

ポールスタンド看板

ポールスタンド看板は細身の一本脚がスタイリッシュなスタンド看板です。
板面を一本のポールで支える構造の為、重量の軽い小さめの板面に限られますが、そのスタイリッシュな造形からホテルのやマンションギャラリーなど高い意匠性を求められる場所でも使用されています。

コロバン

工事が不要で気軽に設置できることから人気の高いスタンド看板ですが、強風に弱い弱点を持っています。
板面を回転させることで風を受け流し、スタンド看板の弱点である強風に強く転びにくい構造を持っているのが「コロバン」です。

コロバンは板面も大きく目立つ事から、店舗やモデルルームへの誘導役として、とても人気が有ります。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージはディスプレイを使って情報を発信する機器の総称です。
固定した情報を発信し続け既存の看板に対して、デジタルサイネージは動的な情報を配信できます。

デジタルサイネージにもスタンドタイプがあります。
スタンドタイプのデジタルサイネージは人の目線にある事から視認性も高く、タッチパネルを使用して双方向に情報をやり取りする事もできるので、無人の案内板としても利用できます。

デメリットとしては従来のスタンド看板と比較すると導入費用がやや高額になる事や、表示できる情報量が多すぎて伝えたいことがブレる可能性があることです。
店舗名や営業時間など伝えたい情報がはっきりしている場合は、従来のスタンド看板の方が良い場合もあります。

まとめ

工事が不要で導入が容易なことから人気のスタンド看板ですが、日常的にビル風が吹く強風エリアや、路地裏の暗所など場所や目的に合わせて多種多様なタイプが存在します。

アクト企画では、専任のスタッフが設置場所や目的に合わせた適切な提案をさせていただきます。
スタンド看板のことで悩んだらアクト企画までお気軽にご相談ください。